日本自動運動対スイス自動合金時計

我々の時間の心臓と脳は、装置を保ちます。アロイウォッチ動きは間違いなく我々の時計の最も重要な部分です。Theアロイウォッチ単にこれなしでは動作できません。それらは機械的であってもよいし、機械的及び電子的部品の組み合わせであってもよい。今日では、多くの動きは機械的でした、そして、簡単に利用できる予備の部品を持つ時計メーカーによってすぐに修理されました。しかし、電子の動きで自動的に時計を獲得した。時計の動きは、通常、信じられないほど小さく、任意の時計に収まることができ、しばしば繊細です。専門企業によって製造されている標準的な時計の動きがあります。ほとんどの時計メーカーは、これらの標準化された動きを使用して自分自身を作ることはありません。スイスと日本の動きは間違いなくトップ標準モデルをご利用いただけます。いつでも任意の時計を開き、鋭い外観を取る場合は、日本やスイスの時計の動きを発見します。それは特に極端な端でそれらを区別するのは難しいかもしれません。
スイスの運動
eta noは最大のスイス企業である。それらのすべてのために、識別は時計の後ろで、または、腕時計運動会社によってマーキングによってあります。これが可能でないならば、ブリッジを含むもう一つの選択肢があります。これは、各人間に指紋と同じようにすべての時計に一意です。この「ブリッジ」はダイヤルにあります。
一般的に、スイスの動きは、3文字C . T . Aで構成されています。これは通常、参照番号である数の組み合わせが続きます。多くの場合、ホイールのピボットは、レベルと呼ばれるスルーポイントでガラスの赤い点があります。時計の動きが秒の手やカレンダーのウィンドウ、またはどのように太いダイヤルしている場合に応じて、時計の動きが異なります。カレンダーウィンドウを持つ時計は、しばしば3時、4時、および6 ' oclockに位置しています。この動きは、修理中にカレンダホイール、コイル、回路又はその両方の作業能力を決定するために使用することができる。
日本の運動
セイコーと市民は、世界で最も大きい腕時計会社のうちの1つです。また、日本の動きを使った企業の最高の例です。これらの動きはもともと日本企業によって発明され、作られたものであり、さらに服部・御代田の動きにもよる。服部運動はしばしば交換可能であり、セイコーによって使用される。他方、市民はMiyota 8215運動を使います。これは、日付移動、片方向の巻線システム、一日の- 20から+ 40秒の精度と40時間の最小の電力予備品と宝石三手で構成されています。直径は、5.67 mmの厚さで25 mmであり、sectsは毎秒6半サイクルである。
セイコーと市民から離れて、ほとんどのアジアの時計は、これらの両方を組み合わせて、この動きを使用すると言われています。
日本の動きの識別は、しばしば時計の裏またはダイヤルの底にあります。それらはまた、例えば、VX 42、V 810、および市民のためのSR 12


類似
伝統的なものが常に2.5 Hz(18000 bph)であったので、両方の腕時計は平均以上です
日本人とスイス人はともに合成ルビーを使用している。彼らは、両方とも可動部分の消耗を減らすのに用いられる宝石を持っています。
スイスと日本の動きは平均以上で、ジュエルの数は17以上である。
動きは自動的です。主ばねを動力にするために巻線回転子を利用する。
両方とも、革新的で強力な機能を備えています。
動きは信じられないほどの耐衝撃性を提供します。
相違点
スイスの動きは日本のものよりかなり高価です。日本人が100ドル未満で購入されることができる間、基本的なスイスのものは運動につき
ミヨタ(日本語)は21600 bphで21宝石のビートで、1つの宝石の動きを持つETA(スイス)25時間当たり28800ビートまたは1秒あたり8
場合は、動きを点検するか、オープンハートを購入するアロイウォッチあなたは、ETA(スイス)に高いポーランドの力学と日本の動きがない金メッキを持っていることに気づくでしょう
スイスの動きには25の宝石があり、ミヨタタは21の宝石を持っている
自動運動は、通常、蓄えられている予備を持ちます。スイスのETAには40時間の予約がついています。そのうえ、スイスの運動は、行き続けるために、1日につきより少ない手首時間を必要とします。これは、回転子がボールベアリングを使用しないので、より効率的な腕時計の巻き取りです。
ショック耐性に関しては、スイスの動きはInacblocを使います。これは、宝石が発生するときにバンプが発生することを許可することによって動作します。日本語ではパラシュートと呼ばれる。
スイス運動は、日本の動きではなく、8215年のミヨタタではなく、手首運動のために一度に一時停止しません<高橋潤子>

タグ:

あなたのメッセージを残します

今すぐお問い合わせを送信
今すぐお問い合わせを送信